You are here:
推定読書時間: 1 min

Horizon VDIプランで仮想デスクトップに接続する方法(リモートデスクトップ接続)



1、ご利用の接続端末に応じたクライアントソフトを下記リンクからダウンロードしてください。

 

 

 

 



2、ダウンロードしたHorizon Clientアプリケーションを起動し、接続サーバーアドレスの入力

弊社システムでは障害発生に備え、接続サーバーを2台用意しております。

接続サーバアドレスは以下になります。

メイン接続サーバーアドレス:vdigate.fxvps.co.jp

サブ接続サーバーアドレス :vdigate2.fxvps.co.jp(サブ接続サーバー設定方法

Horizon Clientアプリケーションを起動すると以下画像のように表示されますので、画像左上の +新規サーバ をクリックしてメイン接続サーバーアドレスをご入力ください


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


下記画像のように入力後、接続 を押下してください


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


3、認証画面にアカウント情報の入力

アカウント情報(ユーザー名とパスワード)を入力します。

この際ドメインを選択する必要が有ります。

 

例えば tst-user@spec というアカウント名の場合はドメイン名は”spec”となります。

@以降の記載の無いアカウントは”spec”を選択してください

入力完了後 ログイン を押下してください

以下が入力時の参考画像です。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


4、接続先インスタンスの選択

ログインが完了すると以下画像のように接続可能なインスタンスが表示されます。

インスタンスを押下するとリモートデスクトップ接続が開始されます。

※通常は1個のインスタンスのみが表示されますが、複数契約をされているお客様の場合は複数のインスタンスが表示されるようになります※


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

メンテナンスや弊社機器にトラブルが発生し、メイン接続サーバーが利用できない事態に備えサブ接続サーバーを用意しております。サブ接続サーバーの利用方法については以下コンテンツをご覧頂きますようお願い申し上げます。

期限切れパスワードの変更

Horizon VDI|画面の表示数を変更する方法(フルスクリーン)

Horizon VDIプラン|接続に失敗する場合

User Account(ユーザーアカウント)のどこにアカウント名とパスワードが記載してあるのでしょうか

Horizon VDIプランでお客様PCとファイル共有する

Horizon VDIプラン サブ接続サーバーアドレスの設定方法

Was this article helpful?
Dislike 0
Views: 1749