セカンダリゲートウェイを介したリモートデスクトップ接続の手順

本項ではセカンダリリモートデスクトップゲートウェイを介したリモートデスクトップの方法を説明致します。

何故セカンダリゲートウェイ?

本VPSプランはネットワークも完全冗長構成となっており、ネットワーク機器に障害が発生しても数秒で別のネット
ワークに切り替わる構成となっております。
障害の内容によって稀にお客様をVPSに案内する役割のゲートウェイが機能しない可能性が有ります。この場合
VPSは外部と通信可能でMT4もブローカーと通信出来ているがお客様はVPSにアクセスできないという状態が
発生します。
このようなケースの場合に対処する為に弊社ではセカンドゲートウェイをご用意しておりますので、
5分程度間隔をおいて接続を試してもVPSにアクセスできない場合は下記リンクをご覧頂き、ゲートウェイを切り
替えして頂く事で接続が可能となります。

 

設定手順

1、リモートデスクトップファイルを右クリックして編集をクリックしてください。続いて 設定 をクリックしてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2、リモートデスクトップゲートウェイの設定画面が表示されますので、画像のようにアドレスを g1gate.fxvps.co.jp から g1-2gate.fxvps.co.jp としてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以上の作業でゲートウェイの設定変更は完了ですので接続を行ってください。

 

関連記事

  1. MT4の自動起動設定

  2. 他社VPSにリモートデスクトップ接続したら弊社VPSに接続できなくなっ…

  3. 仮想マシンのパスワード変更について

  4. リモートデスクトップ接続時に接続元の自分のPCのデータを仮想マシンから…

  5. ゲートウェイを経由したリモートデスクトップ接続の方法

  6. リモートデスクトップができない