ゲートウェイを経由したリモートデスクトップ接続の方法

  • Windowsの場合
  • MACの場合
  • スマホ・タブレットの場合

接続設定がうまくいかない場合は問い合わせフォームからお問い合わせください。

1、ゲートウェイアドレスの設定済RDPファイルのダウンロード

こちらのリンクをクリックするとゲートウェイアドレス設定済のファイルがダウンロードされます。

ダウンロード後、フォルダを解凍後して BestnetVPS という名前のRDPファイルを確認してください。

 

 

2、アカウント情報の入力

次にダウンロードしたRDPファイルを右クリックし、編集をクリックしてください。

編集をクリックすると下記のような画面が表示されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手順1、コンピュータ(C):アカウント情報記載のコンピュータ名を入力してください

手順2、ユーザ名:アカウント情報記載のユーザ名を入力してください

手順3、保存をクリックしてください

手順4、接続をクリックしてください

3、リモートデスクトップ接続

接続をクリックするとパスワード入力を求められます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手順1、アカウント情報記載のパスワードを入力してください

手順2、次回の接続時に簡単に接続できるように『このアカウントを記憶する』にチェックマークをしてください

手順3、OK をクリックしてください。

手順4、下記画像のようなエラー画面が表示された場合は『このコンピュータ-への接続について今後確認しない』にチェックマークをして 『はい』をクリックして接続を完了してください。

接続設定がうまくいかない場合は問い合わせフォームからお問い合わせください。

MACでVPSに接続する方法

(1)アプリのインストール

MACユーザーの方が仮想マシンにリモートデスクトップ接続をするにはこちらからマイクロソフト社で開発したMAC用アプリ(Microsoft Remote Desktop)をダウンロードしてインストールしてください。

 

(2)アプリを起動して接続先情報の入力

インストールまで行うと下記のアイコンが表示されます。

 

 

 

 

このアイコンのアプリを起動すると

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と表示されるので、Don't show this againチェックマークを入れてCloseをクリックしてください。

 

次の手順として、画像左上のNewをクリックしてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すると、下記画像の接続情報設定画面が表示されますので

画像の赤枠で囲っている箇所

 

1、Connection name(お好みのネームをつけてください。)

2、PC name(お送りするアカウント情報に記載されたPC名)

3、Gateway(お送りするアカウント情報に記載されているプライマリゲートウェイアドレス g1gate.fxvps.co.jp を入力ください)

4、User name(お送りするアカウント情報に記載されたユーザー名)※MACユーザーの方は区切り文字の「¥」(円マーク)を指定すると、認証に失敗してしまうので、必ず「\」(半角バックスラッシュ)としてください。「\」(半角バックスラッシュ)はキーボードを切り替え(Google日本語入力を使っている場合は、文字パレットを開き、半角英数字の「0x5C」を選べばよい)を行って頂く事で入力可能です。

5、Password(お送りするアカウント情報に記載されたパスワード)

 

 

 

 

以上を入力したらウインドウを閉じて前の画面に戻り

 

 

Startを押してください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すると、このような画面が表示されますのでContinueをクリック

 

 

 

 

 

これでMACから仮想マシンへの接続が可能となります。

手順通りに実行しても接続設定がうまくいかない場合は問い合わせフォームからお問い合わせください。

Microsoft リモート デスクトップアプリをダウンロード・インストール


まずは、playストアもしくはAPPストアでリモートデスクトップアプリをダウンロードしてください。

ストアでマイクロソフトリモートデスクトップと検索すると出てきます。

rdp

アプリを起動して接続設定を行う


次に、インストールしたアプリを起動して接続に必要な情報を入力します。

まず、アプリを起動すると最初にこのような画面が表示されます。

rdp2

 

 

 

 

 

 

 

右上の+をタッチしてください。

すると下記画像のような接続情報入力画面が起動します。

右下の ADD MANUALY をタッチしてください。

 

 

 

 


次に下記画像にように接続設定画面が表示されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PC name の入力欄には弊社でお客様にお送りするアカウント情報に記載されたPC名をご入力ください。

User nameの入力欄のEnter every timeをタッチするとプルダウンメニュが表示されますので

表示されたメニューから Add user account をタッチしてください。

すると下記画像のようなアカウント情報入力画面が表示されます。

 

 

 

 

User name の項目にはアカウント情報記載のユーザー名を入力してください。

Password の項目にはアカウント情報記載のパスワードを入力してください。

上記を入力完了後に SAVEをタッチして Add user account メニューを終了してください。

すると下記画像のメニューに遷移します。

 

 

 

 

 

 

画像赤枠で囲ったshow additional options をタッチして頂き、
Gateway という項目欄をタッチするとプルダウンメニューが表示されますので Add gateway を選択してください。

下記画像の入力画面が表示されます。

 

 

 

 

Server name という入力欄には g1gate.fxvps.co.jp とご入力ください。

User account という入力欄にはタッチすると下記画像のような例で前項で入力したユーザー名がプルダウンメニューに表示されますので表示されたユーザー名を選択してください。

 

 

 

 

選択後 SAVE をタッチして入力画面を完了してください。

すると下記画像のようなメニューに遷移しますので画像緑枠のように

SAVE をタッチして完了してください。

 

 

 

 

 

 

すると下記画像のようにVPSへの接続インスタンスが表示されるようになります。

 

 

 

接続が正しくされている場合はインスタンスをタッチするだけでVPSに接続する事が可能になります。

以上となりますが、ご不明な点がございましたら下記お問い合わせフォームからお気軽にご質問ください。

お問い合わせフォーム

 

 

関連記事

  1. 他社VPSにリモートデスクトップ接続したら弊社VPSに接続できなくなっ…

  2. セカンダリゲートウェイを介したリモートデスクトップ接続の手順

  3. 仮想マシンのパスワード変更について

  4. MT4の自動起動設定

  5. リモートデスクトップができない

  6. リモートデスクトップ接続時に接続元の自分のPCのデータを仮想マシンから…