リモートデスクトップ接続時に接続元の自分のPCのデータを仮想マシンから見れるようにしたい

本項ではリモートデスクトップ接続時に、接続先仮想マシンに接続元である自分のPCのフォルダを表示させる為のドライブリダイレクト機能の使用方法についてご説明させて頂きます。

下記手順に従って操作頂いた後にリモートデスクトップ接続を行うと、接続先PCのエクスプローラーからPCをクリックすると接続元である自分のPCのドライブが表示されます。

1、リモートデスクトップを起動させ、黒○で囲んだオプションの表示をクリックしてください。

redirect1

 

 

 

 

 

 

2、次に赤○で囲んだローカルリソースタブをクリックしてください。

redirect2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3、次に赤○で囲んだ詳細をクリックしてください。

redirect3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4、次にまず赤○で囲んだドライブをクリックしてチェックマークを入れてください。その後赤○で囲んだOKをクリックしてください。

redirect4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以上でドライブリダイレクトの設定は完了です。

上記手順の実行により、リモートデスクトップ接続先の仮想マシンに自分のPCのドライブが表示されるようになります。

関連記事

  1. VPS接続の為のリモートデスクトップ設定 Windows7の場合

  2. リモートデスクトップができない

  3. Iphoneからリモートデスクトップを行う方法

  4. ゲートウェイを経由したリモートデスクトップ接続の方法

  5. 他社VPSにリモートデスクトップ接続したら弊社VPSに接続できなくなっ…

  6. VPS接続の為のリモートデスクトップ設定 Windows10の場合