VMMコンソールへの接続方法

VMMコンソールで可能な項目

1、稼働状態の確認

2、コンソール接続

3、強制シャットダウン

4、電源の起動・シャットダウン

VMMコンソールへの接続手順

 

1、接続先PC名の設定

1、ゲートウェイアドレスの設定済RDPファイルのダウンロード

こちらのリンクをクリックするとゲートウェイアドレス設定済のファイルがダウンロードされます。

ダウンロード後、フォルダを解凍後して VMM という名前のRDPファイルを右クリックし編集してください。

手順を実行してください

コンピュータ名に下記画像のように jp-mgt-01 と入力してください。

 

 

 

 

 

 

2、ユーザー名の設定

弊社からのアカウント情報送付メールに記載されているユーザー名を入力してください。

3、接続 をクリックしてください。

4、パスワードを求められたら弊社からのアカウント情報送付メールに記載されているパスワードを入力してください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5、管理画面に接続されますのでデフォルトだと接続先名がlocal:8100となっているのを

scvmm:8100に変更してください。(全て半角英数字)

最後に接続をクリックしてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. セルフサービスポータルサイトが表示されない場合

  2. セルフサービスポータルサイトからVPSをコントロール

  3. セルフサービスポータルに接続する方法

  4. VMMコンソールから仮想デスクトップをコントロール