本VPS利用規約(以下「規約」という)は、株式会社ベストワン(以下「当社」という)が提供するFX専用VPSサービス、及び、それに付随するサービスの利用者である法人または個人のお客様との間に適用されます。当社は、この規約をお客様の利用実態や社会情勢等諸般の事情により変更することがあります。規約が変更された場合変更後の最新の規約が当社とお客様を拘束します。

規約が変更となった場合、お客様に対して規約変更内容を電子メール・書面またはウェプページへの掲載等当社が適当と判断する通信手段により行うものとします。ただし通知が到着しない場合でも、変更後の規約が適用されるものとします。

第1条 FX専用VPSサービスの定義

本規約でいうFX専用VPSサービスとは当社がお客様に提供するVPSサービス、及びそれに付随するサービス(以下[サービス]という)を提供します。


第2条 利用規約

FX専用VPSサービスの利用契約は、正式な手続きを経たお客様からの申し込みに対して、当社がそれを受け取り、承諾した場合のみ成立します。当社は、次の各号に該当する場合は、FX専用VPSサービスの利用申し込みを受諾しない場合があります。

  1. 申込に際し虚偽の事実を記載したとき。
  2. お客様が利用契約上の義務を怠る恐れがあると当社が判断したとき。
  3. 過去に当社の全てのFX専用VPSサービス利用契約を強制解約されたことがあるとき。
  4. 当社の競合他社等が、事業上の調査を目的として契約をした事が判明したとき、その他、当社が契約締結を適当でないと判断したとき。
  5. その他、当社が契約締結を適当でないと判断したとき。

第3条 利用起算日

  • FX専用VPSサービス利用起算日は、当サイト申し込みフォームからの申し込み受付をもって利用起算日と定義します。

    ただし、当社が第2条に基づき、契約を受諾しない場合は、その間の料金は発生しないものとします。


第4条 最低契約期間

   本利用契約の最低契約期間はヶ月とします。


第5条 1契約単位の定義

当サイトに記載するFX専用VPSプランの内、1プラン契約を1契約と定義します。

第6条 料金表による拘束

お客様及び当社は、当サイト記載のプラン別料金表に拘束されます。

当社はお客様より支払われた料金を、いかなる事由によっても返還しないものとします。また、当社への振込に要する手数料は、お客様の負担とします。

 

何らかの理由により、クレジットカードの決済が不可能であった場合、不能であったことが判明した日から14日以内に、お客様は銀行振込で料金を支払うものとします。

複数月毎の支払いを選択されている場合、料金・コース体制変更による利用料の減額・増額は、契約期間終了後に適応となります。

第7条 FX専用VPSサービスの一時停止

   

当社は、次の各号にあてはまる場合、FX専用VPSサービスの提供を一時中止することがあります。

 

当社の電気通信設備の保守、点検、又は、工事上やむを得ない場合。

当社の電気通信設備に止むを得ない障害が発生した場合。

何らかの原因により、サービス提供を行うことが困難になった場合。

 

当社は、前項規定によりFX専用VPSサービスの提供を一時中止する場合は予め実施時期・実施期間・実施理由をお客様に対し、ウェブページ、もしくは電子メールで通知します。但し、緊急上止むを得ない場合は、この限りではありません。

 

第8条 規定に基づくFX専用VPSサービスの停止

 

当社は、お客様の利用状況が次の各号にあてはまる場合、FX専用VPSサービスの提供を何ら事前に通知・勧告することなく停止することがあります。

日本国の刑法または公序秩序に反するとき。
当社、他のお客様または第3者の著作権、財産権、プライバシーを悪意を持って侵害している事実を当社が確認した時。
当社や当社契約者に対する不法行為(民法709条)を認識した時。
・お客様の信義則違反を確認した時
・本規約第6条に違反した時。

第9条 FX専用VPSサービスの緊急停止

・当社はお客様が他の本サービス利用者に対して損失を与える行為を確認した場合該当するお客様の接続を遮断するなどの緊急措置を講じる事が有ります。
・当社は本サービス利用者全体の利益を第一優先とした前提での総合的判断でサービス緊急停止措置を講じる可能性が有ります。

第10条 FX専用VPSサービスの廃止

当社都合又は止むを得ない事情により、本サービスは廃止される可能性が有ります。
そのような場合は廃止日の3ヶ月前にお客様にご通知します。

第11条 登録情報変更時告知義務

下記に掲げる項目に変更が有った場合、お客様は遅滞無く当社に連絡して頂く義務を負います。

1、住所
2、氏名
3、連絡先(電子メール、電話番号)

第12条 契約解除

お客様が本サービスの利用契約を解除するときは、当社に対し解除の日の15日前までに当社指定の方法によりその旨を通知するものとします。ただし、利用契約の解除の日は各月の末日のみとします。

 

最低契約期間契約料金は本規約第4条に基づき発生するものとします。

当社は、次の各号に該当する場合は、如何なる理由によってもサービスの利用契約を解除できる権利を有します。

1、支払期限日から30日を超えて料金の支払いが滞った場合。

2、法律や本規約各条項に違反する行為及び当社が不当と判断したプログラムを実行して当社の警告を無視して実行を継続した場合。

3、本サービスを利用してメールの大量送信を行った場合。

4、本サービスで利用している仮想デスクトップ、を経由しての不正アクセス、通信の盗聴行為、クラッキングなどを行った場合。

5、ユーザーIDやパスワードなどの情報を外部に公開してはならないものとし、パスワードを契約者の責任で管理するものとします。これらの情報を紛失し且当社に届け出なかった場合。

6、他の契約者や当社に深刻な影響が及ぶ、サーバー・回線等に負荷をかける行為をした場合。

7、当社の許可無く、第三者への譲与、再販行為を行った場合。

8、知的財産権を侵害したコンテンツをVPSにアップロードした場合。

9、IPアドレス・DNSサーバー・ゲートウェイ・ホスト名などのネットワークの基本設定を変更した場合。

第13条 免責条項

当社は、サービスの利用、一時中止、一時停止、緊急停止、廃止、契約の解除により発生したお客様の損害について下記に示す条項を除いて責任を負いません。

1、サービスの全部、又は、一部が当社の故意または重大な過失により、全く利用できないために契約者に損害が発生した場合は、当該利用不能時間が24時間継続したときに限り、利用不能時間を24で除した数(小数点以下の端数は切り捨て)に、VPS利用料の30分の1を乗じて算出した額を限度として、お客様に現実に発生した損害の賠償請求に応じるものとし、その額は、翌月のVPS利用料を減額し、充当するものとします。

2、本規約に定める以外に契約者に不利益又は損害が発生した場合、当該損害等が当社の故意または重大な過失を直接の原因として発生し且お客様が損害額を立証する証憑書類を当社に提示した場合に限り、双方協議の上お客様が負担するFX専用VPS利用料の6ヶ月分を上限に現実に発生した直接損害に基づく賠償請求に応じるとものとします。

 

第14条 合意管轄

当社とお客様との間で紛議が生じた場合、仙台地方裁判所古川支部を合意管轄とします。