VMMコンソールでは下記の機能を搭載しています

  • 電源のコントロール

    フリーズ状態が発生してしまった場合、リモートデスクトップ接続となってしまいますがVMMコンソールを利用する事でお客様の意思でいつでも自由に再起動処置を行う事ができます

  • ステータスの確認

    仮想デスクトップの平均CPU使用率や搭載されているメモリー容量など、運用管理に必要な情報を確認する事ができます

  • VMMコンソール上からも接続可能

    例えば、Windowsアップデートを適用したらしばらく経っても接続出来なくて不安になった事は有りませんか?
    この機能が有ればそのような心配をする必要は有りません、コンソール接続機能を利用して現在の状態を簡単に確認する事が可能です

操作方法解説

  • 電源コントロール機能の利用方法
  • ステータス確認
  • VMMから仮想デスクトップに接続

操作方法を解説します

1.VMMコンソールに接続してください

接続方法はこちらのコンテンツで解説しています

2、コンソール画面解説

 

 

3.仮想デスクトップをシャットダウン

3-1

バーチャルマシンオブジェクトを右クリック

右クリックすると各種制御項目が表示されます。

今回はシャットダウンを実行していきます

3-2

画像赤枠でのシャットダウンをクリックしてください

3-3

下記画像のようにシャットダウンされ、ステータスが停止済みとなっている事を確認してください

 

4.仮想デスクトップの起動

4-1

仮想マシンオブジェクトを右クリックし、下記画像赤枠の‘‘電源オン‘‘をクリックしてください

4-2

起動が完了すると仮想マシンのステータスが下記画像のように停止済から実行中に変化します

 

5.強制シャットダウンの実行

上記手順で再起動が不能な場合は仮想デスクトップに異常が発生していると考えられます。

このような場合は強制シャットダウンを実行する必要が有ります。

5-1

仮想マシンオブジェクトを右クリックし、下記画像赤枠の‘‘リセット‘‘をクリックしてください

5-2

リセットを実行後下記画像のように仮想マシンステータスが実行中となっている事を確認してください

 

VMMコンソールで表示されるステータス項目を解説します

表示項目解説
1.VMMコンソールに接続してください

接続方法はこちらのコンテンツで解説しています

2、コンソール画面解説

VMMから仮想デスクトップに接続する方法解説します

1.VMMコンソールに接続してください

接続方法はこちらのコンテンツで解説しています

2.VMMコンソールから仮想デスクトップに接続

2-1

対象の仮想マシンを右クリックすると下記画像のように各種操作項目が表示されますので接続または表示をクリックし、コンソール経由で接続をクリックしてください。

2-2

コンソール画面が表示されましたら下記画像の赤枠で囲った部分をクリックしてください。

2-3

下記画像のようにIDとパスワードを要求される画面が表示されますのでアカウント情報記載のユーザ名とパスワードを入力してログインする事が可能です